ヘルスケアプラス『いつまでも美しいままで…』

美しく健康的に生きていくようにお薦めコスメやトレンドを紹介していきます。

Category: 未分類

海を回遊するプラスチックごみの問題について

海を回遊しているプラスチックごみは、消えることのない人工ごみです。そのごみが今、魚や鳥が餌と間違って食べたりするなど環境問題になっています。日々の海岸清掃では追いつかないぐらい深刻な問題になっています。極端な話、海に釣りに来た人が釣った魚が自分の捨てたプラスチックごみを食べて、それを自分が食べていることになります。
自分たちの食べるものにも大きく影響してくるので少しでも減らしていく工夫しましょう。
・コンビニの袋
海で最も見かけるゴミの一つ。軽いので風ですぐ飛んでしまいます。飛ぶのは一瞬ですが、海を回遊するのは永遠です。海へ釣りやアウトドアに来た人は袋をコンパクトにまとめたり、持ち物にくくり付けて飛ばないように工夫することが大切です。コンビニでは極力、袋をもらわないようにしましょう。近年、専用のエコバッグやドリンクホルダーを使うことがオシャレというファッションの傾向がみられます。ガサゴソと音をたてる袋よりもスマートで格好よくも見えます。アウトドアショップに足を運んでみてください。昔と違って小物やバッグもカラフルで種類も多くなっています。きっと自分に合ったものが見つかるでしょう。
・見慣れないプラスチックごみ
海に行くと、朽ち果てた棒状のパイプや丸い硬貨ぐらいの大きさのプラスチックごみ…発砲スチロールも流れてきています。おそらく漁業や養殖業で使うものが流れてきているのですが、海という自然を相手に仕事をする人にとっても解決には程遠いごみ対策の一つで避けられない問題です。
地元の海岸清掃に参加しましょう。新聞や街の広報誌で見かける方も多いはずです。公に参加者を募集しているなら、軍手やごみ袋も用意してくれることがほとんどです。私は4回ほど参加しましたが、手ぶらで行って主催の方から終わった後にジュースをいただけました。潮風を浴びながら運動した後のジュースは最高に美味しかったです。良い気分転換にもなりました。
・海岸の漂着物をアート作品にして再利用
流れ着いたガラスのかけらや上記のプラスチックごみにペイントして再利用することもできます。特にガラスのかけらは集めるとカラフルで、しっかり洗えば金魚鉢や水槽に入れるとオシャレになるでしょう。子どもたちも誘いやすくなります。教師やアーティストによる講座(ワークショップ)が広まり、全国的に「楽しんで清掃ができる」ような傾向が見られるようになれば未来は明るいと思います。
二重になる方法はこちら

スムージーダイエット

最近巷でブームとなっているスムージーという飲みものがあります。
都会では専門店などもあるようで、若い女性を中心に皆さんがこぞって飲んでいるスムージーというものがどんなものか、実は最近まで私は全く知りませんでした。
しかも、それがダイエットにいいと聞きましたので、常日頃から痩せたい私もちょっと興味があり作ってみました。

市販品では粉末タイプなど売っているようなのですが、私のようにダイエットが長続きしないような性格ではもったいないとケチって、とあるレシピサイトで調べました。
…出てくる出てくる、いろんなスムージーのレシピが!
パッと見た感想は、結構少ない野菜や果物で作るんだな、と思いました。
小松菜、りんご、その他等々。
グリーンスムージーが流行っているのかな?ととりあえず材料もそろっていた一番上のレシピをチョイスして…レシピ通りにミキサーへ放り込みました。
緑のどろっとした液体が完成してしまいました。
いえ、これで合っているのでしょうけど、普段野菜を粉々にして飲む習慣などないもので、ちょっと違和感でした。

でも果物も入っているし、大丈夫でしょう。
ふたを開けてみると、若干青臭いような気がしないでもないですが、気にならないレベルでした。
これが巷で噂のスムージーか…では、いざ!
案の定どろっとしています。
さぞ青汁みたいに飲みにく…くなかったのには驚きました。
バナナをと豆乳を入れたせいかとても飲みやすく、青臭さや苦みなんて感じませんでした。
しかも、なんだか腹持ちがよさそうな満腹感が素晴らしい。
これなら朝ごはんの代わりに飲んでもよさそうです。
しかも簡単なので時間もかからない。
更に大体常備菜でできちゃうので節約感もあります。

これはすぐにダイエット諦めちゃう私でも、続けられそうです。
味もたくさんの種類があるので飽きがこなさそうでうれしい。
グリーンスムージーや、いろんなスムージーで私も綺麗に痩せられるかもしれない!
そんな気持ちで明日はどんなスムージーを作ろうかな、と考えるのが日課になりました。